募金や寄付で支援する

直接のご寄付

カブコンから、「子供の未来応援基金」に5000万円をご寄付いただきました

株式会社カプコン(本社:大阪府大阪市)

2022年6月30日 掲載



2022年3月、紺綬褒章を受章したカプコンの辻本憲三・代表取締役CEO(左)と、内閣府の笹川武・政策統括官(政策調整担当)(右)


東株式会社カプコン(本社:大阪府大阪市)から2021年3月、「子供の未来応援基金」に5000万円をご寄付いただきました。また、このご寄付に対する2021年度褒章として、2022年3月に紺綬褒章が授与されました。

同社は、ゲームソフトの開発、販売のほか、日本国内でアミューズメント関連施設の運営を展開。「ストリートファイター」「バイオハザード」「モンスターハンター」などのゲームソフトは、世界200を超える国と地域に販売・配信されています(「カプコン統合報告書2021」より)。

カプコンは、ゲームソフトメーカーの社会的責任(CSR)として、ゲームに対する社会的理解を促したいとの考えから、小中学校を中心に学生の会社訪問の受け入れや出前授業を実施しており、「子供の未来応援基金」へのご寄付も、「1人でも多くの子供や若者が、普通にゲームを楽しめる環境で育ってほしいから」(辻本代表取締役CEO)との思いからなされたとのことです。

お預かりしたご寄付は、貧困状況にある子供たちの支援に草の根で取り組む全国の支援団体のため、有効に使わせていただきます。
(文中のご氏名・役職は2022年3月時点のもの)

ご参考:株式会社カプコン ホームページ