各地の支援団体

取組事例

学習支援ソライロ[埼玉県]

子供たちが自身の力で貧困の連鎖から抜け出すための力をつける、受験対策教室

 

低所得世帯の子供たちにとって初めてのチャレンジとなる「高校受験」の成功をサポートすることで、子供たちがよりよい人生を自分でつかむために人生観を変えるきっかけとなる教室をつくります。
教室では、大学生や若手社会人ボランティアによる受験対策はもちろん、勉強が苦手である根本原因を克服する「知識のすそ野拡大プログラム」や、志望校選択を通じて自己決定力を高めるプログラムを実施します。

 

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介

  • ・学習支援教室の開催
     目的:子供たちが自身の力で貧困の連鎖から抜け出すための「自立する力」を育む
     対象:貧困世帯の中学3年生
     内容:高校受験対策のほか、「知識のすそ野」(日常生活から身につく語彙力、計算力、一般常識等)を広げるプログラムなどを各月2~4回開催。

    低所得家庭の子供たちの「低学力」の課題を解決するプログラム、本当に行きたい高校を自己決定するプログラムを実施します

    団体HP --
    Illustrations Dick Bruna
    © copyright Mercis bv,1953-  
    www.miffy.com