各地の支援団体

取組事例

(一社)カイロス [埼玉県]

子供が自分らしくありのままに生きられるよう、居場所を提供する。

不登校や高校中退、引きこもりなどの若者への居場所事業「だいち」を月2回開催しています。料理や食事、ボードゲームなどの交流を大学生のボランティアらと行うことを通じて、自立へ向かうベースとなる場所を提供しています。小学生を対象とした事業も展開予定です。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ・事業名称:「ただいまの家」
    ・対象者:ひとり親世帯や経済的に困窮しているなど、様々な困難を抱える世帯の小学生
    ・目的:放課後児童クラブ(学童)等に繋がれていない子供の支援、食事や世帯への支援など学童より幅広い支援。
    ・事業内容:遊び、食事、料理、宿題などの学習
    ・日時:毎週水曜開催

    ・場所:さいたま市西区内

居場所活動「だいち」で餃子を作る様子

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com