各地の支援団体

取組事例

NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ [東京都]

子供食堂の支援を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくる

以下の3つの事業によって、子供たち、子供食堂、子供食堂を支援してくれる人たちの3者をつなぐ活動をしています。
・各地域の「こども食堂ネットワーク」(中間支援団体)がより活動しやすくなるために運営者同士のネットワークづくり、行政や関係団体との連携、情報提供などの支援を行う事業
・子供食堂を応援してくれる企業・団体と子供食堂をつなぐ事業
・子供食堂に関する調査・研究を行い、子供食堂の意義や実態を伝え、理解を広める事業

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 1)子供食堂の「こども食堂ネットワーク(略:こネット)」への登録促進事業
    協力団体で、運営者コミュニティのプラットフォームである「こネット」への登録促進で、子供食堂の「見える化」と運営者コミュニティの強化。
    2)全国の中間支援団体の設立支援と「こネット」への登録促進事業
    中間支援団体が正式に発足していない約半数の都道府県で設立を支援し、個々の子供食堂への支援と行政への提案力の強化に取り組む。
    3)支援企業等への企画運営支援事業
    全国の子供食堂または中間支援団体と、大手支援企業等のマッチングを通じ、子供食堂の規模感と地域共生社会における必要性の理解を社会に広げる。
    4)HP構築事業
    運営者と支援者のマッチング事例(支援パターンや好事例)を紹介し、より円滑で広範な支援のためのプラットフォームを構築する。

2019年2月11日、各県地域ネットワークおよび関係者との集いを開催し、41都道府県から100名を超える方が参加し、情報交換を行いました。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com