各地の支援団体

取組事例

NPO法人 豊島子どもWAKUWAKUネットワーク [東京都]

地域を変える/子供が変わる/未来を変える

遊びサポート(「池袋本町プレーパーク」)、学びサポート(無料学習支援「池袋WAKUWAKU勉強会」)、暮らしサポート(「要町あさやけ子ども食堂」「池袋こども食堂」「椎名町こども食堂」「ほんちょこ食堂」、「夜の児童館」、ホームスタート、WAKUWAKUホーム)の3本柱で、子供と家庭を伴走的に支援しています。地域の子供たちが環境に左右されることなく、自分らしい人生を歩んでほしいと思います。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 困難を抱える子供のための宿泊支援『WAKUWAKUホーム』事業
    子供と家庭の暮らしをサポートし、貧困の連鎖を断つことを目的として行う事業である。WAKUWAKUホームは宿泊機能、相談機能、居場所機能をもつ。
    自分の家の暮らししか知らない、親の価値観しか知らない子供たちが、ホームに泊まることで、宿題をして、手作りの料理を一緒に食べて、遊んで、お風呂に入って、清潔な布団で眠る。
    親子関係が煮詰まったとき、物理的に距離をおくことによって、親子ともにリフレッシュして、子供への養育状態が良好になる。
    ひとり親家庭の保護者が出張や入院など困ったときに、ニーズに応じて柔軟に対応する。
    親戚のお家のように家とホームを行ったり来たりしながら、複数の大人にサポートされることによって、自己肯定感を育み自立を促す。

ホームに集う子供たちが、異年齢で仲良くゲームをしているところ。 日常風景のひとつである。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com