各地の支援団体

取組事例

(一社) Omoshiro [神奈川県]

精神疾患を抱える親と暮らす子供たちと一緒に生き抜く力を育む居場所作り

子供の「子供らしい時間」を大事に、自身の願いに気づき、その願いや思いを家族や自分の周りの人に伝える・伝わる力「生き抜く力」を考えること・練習することを目的とし、放課後の時間を活用した学習支援や遊び、食事提供を行っています。

子供たち一人一人の困りごとを、当法人が運営する相談支援事業所「こかげ」と連携し、区・関係機関・地域の子育て拠点・地域住民・企業とつなげることで、「誰一人取り残されない」コミュニティー作りの実現を目指しています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○「大人が子供にしたい活動」ではなく「子供が大人としてみたい体験・活動」を軸に活動運営をする。


    ・学習支援(宿題フォロー)

    ・生活支援(お手伝い)

    ・食事支援(フードバンクと連携した軽食提供)

    個別・集団など様々な形態で提供し、子供たちの「将来への期待・希望の向上」の伴走をする。 低学年の子供に対しては、送迎対応を実施し、来所する機会を確実に担保する。

模造紙や付箋を活用した「伝える・伝わる」ワーク。1人ではできない体験の機会を提供します。