各地の支援団体

取組事例

子どもみらい食堂 [新潟県]

地域の子供たちの成長と未来を支え、子育て世帯に寄り添い、共に歩む

子供食堂を毎月第2土曜日と第4土曜日に開催しています。コロナ禍がおさまるまでは、お弁当の配食と、地域の方々と連携してフードパントリーを行っています。また、長期休みやテスト前には、毎週水曜日と金曜日、宿題サポートカフェを開催しています。大学生、大学院生、高校生が中心となって子供たちに質の高い学習の機会を提供し、一人ひとりの子供達と深く向き合い、子供たちの学習と成長をサポートし、子育て世帯をサポートしています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○子供たちの成長と未来を支えることを目的とし次の事業を実施する

    ・「食」の支援:
     対象:地域の子供たちや子育て世帯
     目的:子供食堂での弁当配食やフードパントリー、学習支援での軽食や茶菓の提供を通して、食の支援を行う。


    ・「居場所」の提供と「学習の機会」の提供:
     対象:地域の小学生から高校生まで
     目的:子供達の学習と進学をサポートし、くつろげる居場所を提供。

お弁当配食の様子。スタッフ手作りの折り紙や支援で届いたキーホルダーなどをプレゼントしたり、季節の行事をしたりします。