各地の支援団体

取組事例

みんなの未来をつくる会  [岐阜県]

不登校、相対的貧困家庭、第三の居場所を求めている子供たちにとって、ふらりと立ち寄れる居場所の提供

不登校、ひとり親家庭、発達特性のために人との関わりが困難で、学校や家庭以外の居場所が必要と感じている当事者親子にとって、自分で決めて過ごせる居場所として、他者との繋がりや触れ合いを通して、心の安定と将来に繋がる道を得られるようにしていきます。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 他者との関わりの中で将来に繋がる力を育むこと、子供の自己肯定感を育てるスタッフを育成することを目的として次の事業を実施する。
    〇サポート事業
    ・スタッフや他の子供たちの触れ合いの中で心の安定を図ること。
    ・学びや遊びを通して自分の得意を見つけること。
    〇自然体験活動事業
    様々な年齢の人達と関わり合いながら自然の中で交流活動をすること。
    〇学び合い事業
    不登校や貧困問題に取り組んでいる他団体の実践から、学び合える場を持つこと。

「学びバ遊びバ@やすい」の一コマ。自分の好きな遊びに没頭してます。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com