各地の支援団体

取組事例

一般社団法人あうずっと [愛知県]

もっと楽しく、もっと寄り添える子供の居場所づくり

近年、貧困や家庭環境などを理由に、学習機会だけでなく、学びの基礎となる好奇心や自己肯定感を育む体験機会の差が広がっています。私たちは、広がる教育格差の縮小に向けて、「遊び」を軸とした低年齢期からの子供の社会参画・居場所づくりに取り組んでいます。「とにかく楽しい」をテーマに、子供食堂、遊び感覚フードバンク、野外活動など、地域の中で安心してチャレンジできる場づくりと多様な体験活動の機会を届けています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 農業体験・交流支援事業:ひとり親家庭など孤立しがちな小学生を対象に、市内の農業体験農園と連携し、土に触れ、食べ物をつくる1年間の野菜づくりを通じて、体験・交流・相談などの伴走支援を実施(講習会:月2〜3回)
  • 子供の居場所支援事業:収穫野菜を使った「青空こども食堂」など自然の中で味わう「食」を通じて、たくさんの大人に触れ、子供の好奇心や「食を営む力」を育むイベントを実施(年3〜5回)。
  • 子供食堂の基盤強化事業:子供食堂と農業をつなぎ食材協賛の普及を図る。体験農園内でのフードドライブを実施し、旬の獲れたて野菜を地域の子供食堂へ分配(通年)。

子供食堂でコドモスーパーを開催した時の様子です。子供が店員となって寄付された食品等を無償提供し多世代交流を楽しみました。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com