各地の支援団体

取組事例

NPO法人 こどもサポートネットあいち[愛知県]

安心安全なあたりまえの生活を保障 子供たちの自立を支援

どのような境遇にある親子であっても決して孤立することなく、子育てを楽しめるような地域社会の構築を目指しています。
一般家庭児童と社会的養護等施設児童との交流キャンプ・登山・雪山体験交流や相談事業・子育て広場・子育て発達相談・社会的養護等出身者や大学生及び施設職員対象の専門講座及び自立のための食事づくりを実施しています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 自立支援相談事業:社会的養護等の出身者が自立できるよう、年間を通して、電話・メール・来所等による相談に対応。
  • 居場所・交流会事業:社会的養護等で生活している子供や社会的養護出身者を対象に、自立のために管理栄養士の先生の指導にて食事づくりを実施(月2回)
  • 社会的養護等の専門家による講座と参加者全員による懇親会事業(月2回)
  • 当団体と社会的養護等施設と連携を結んでいる施設への訪問支援事業(通年)
  • 社会的養護等出身者で音楽等第一線で活躍されている人を招いて全国の社会的養護等当事者を支えるイベント事業(11月)
成果報告
  • 社会的養護等施設児童、退所児童や社会的養護等施設で働いている職員対象に相談事業を実施(3,365件)。
  • 中高生及び退所者を対象に居場所事業を実施(20回・200名)。
  • 退所者で将来社会的養護施設等に就職したい学生や現在施設で働く悩みを抱える若手職員を対象に専門講座・食事づくり・懇談会の開催(15回・120名)。
  • 子供虐待防止アピールと一般の方への理解を求めるための社会的養護施設の当事者を支えるイベントの開催(1回・150名)。

社会的養護等施設児童及び施設出身者が月2回、2名の管理栄養士の先生指導の下自立のための食事づくりをしているところです。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com