各地の支援団体

取組事例

J-Loveこども食堂 [大阪府]

子供の見守り、子育て相談支援によって、地域の児童虐待ゼロを目指す

2021年3月から毎週末に子供食堂を開催し、来場された児童やご家族へ安価な食事と居場所を提供するとともに、多世代交流による子育て相談やフードパントリーを行い、虐待要因の一つである経済的不安定への対処、地域での孤立防止、ひとり親などへの支援を行っております。また最近では、当該市内で子供食堂の新規立上げをお考えの方へアドバイスもしています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 〇子供食堂事業

    【目的】

     子供食堂を通じて、孤立している地域の子育て世帯と関係を築き、子育て相談、貧困支援等のサポートを行うことにより、地域の児童虐待ゼロを目指す。

    【対象】

     ・0―18歳の児童、及びそのご家族

     (当該地区の小学校、及び認定こども園等にチラシを配布)

    【内容】

     ・毎週土曜日の10-13時に子供食堂を開催。参加費用は、児童は無償、大人は300円/人。

     ・子供たちは、お借りしているキングダムキッズ・インターナショナルプリスクールの園舎、園庭にて、大学生スタッフの見守りの下、フリスビーやボール、折り紙などで遊び、過ごす。

     ・昼食は、寄付された野菜などを用いた週替わりの料理、及び食後のデザートを調理スタッフが準備し、子供たちと会話をしながら一緒にいただく。

     ・子育てがひと段落した女性のボランティアスタッフもおり、ご家族で来所された際には保護者に積極的に話しかけ、関係性構築に努めている。

食事前後の時間は、大人の見守りの下、外の園庭にて、遊具遊び、縄跳び、鬼ごっこなどをして、楽しい時間を過ごします。