各地の支援団体

取組事例

(一社)HOMEステーション [大阪府]

私たちは「だれもが健康で健全に安心して生活できる社会をつくること」を目指しています。

社会的養育経験者を含む子供・若者支援を行っています。
多様な居場所(MANA-viva、ASO-viva、KATA-riva、SODA-tuva)、食の支援【フードパスひらの】を行う平野宮町みんな食堂では、虐待・ネグレクト予防の観点から親子のゆとりづくりをサポートしています。同時に学習サポート、大阪市こどもの見守り強化事業を行っています。社会的養育経験者が社会帰結のため、住所を取得し、安心して巣立つための居住スペース「ステップルームOSAKA南」を設けて運用しています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 社会的養育経験者を含む子供・若者支援を目的とし、以下の事業を行う。
    ・MANA-viva:「学びの場」として、生きるための「学びの機会」を設けるためのセミナーや教室、勉強会を実施。
    ・ASO-viva:「あそびの場」として、親子共に息抜きのできる環境を設定。
    ・食の支援【フードパスひらの】:寄付・寄贈により、パントリー機能を兼ね備え、同時に地域の交流の場としての食堂形式にすることで「食」の見守りと子供の見守り強化を行う。
    社会的養育経験者を含む子供・若者支援の一環として、「食」支援、就労トレーニングの場としても機能している。

子供の居場所と親の余白づくりである
平野宮町みんな食堂での取組が注目を浴び、さらにパナソニック教育財団さまから奨励賞をいただきました。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com