各地の支援団体

取組事例

公益財団法人 日本国際育成支援機構[大阪府]

子供たちに区別なく学習の機会を提供(SDGs 14

 

1.「児童の権利に関する条約」を規範とした開発途上国の子供たち(孤児)への支援事業を展開しています。
2.開発途上国への貧困村における日本の農業技術向上の為の支援・普及事業を行っています。
3.開発途上国からの外国人技能実習生受入、日本語教育及び日本文化の教育と監理をしています。
4.JIGSO共同事業体として行政より委託訓練(内部・外部教室含む)事業を受託開講しています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ・事業名:「わいわい子ども塾」
    ・目的:小学校の授業で理解できなかった教科の修得や日本語の理解力の向上を支援すること。
    ・対象:経済的な理由により塾などに通うことができないことにより、学力や日本語の理解力に不安のある生活困窮世帯、ひとり親家庭又は外国人世帯の小学生
    ・実施日:毎週土曜日の午後1時から4時まで 

小学6年生女子の参加者です。授業についていけない箇所を教えています。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com