各地の支援団体

取組事例

NPO法人 女性と子ども支援センターウィメンズネット・こうべ[兵庫県]

DV・虐待・貧困など困難を抱える女性と子供のより良い未来を応援!

困難を抱える女性やシングルマザーと子供の居場所「WACCA」の運営をしています。ひとり親世帯の子供たちを対象にした無料の学習支援「WACCA塾」やシングルマザーやシングル女性のための高卒認定資格や就職のための資格を取るなどの学びと相談の場「WACCAスクール」も開いています。また、シングルマザーの講座や語り合い、女性のための相談、DV被害者支援や、DV防止のためのデートDV授業なども行っています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 「母子家庭の子どもに学びと相談支援の居場所及び体験活動を提供する事業」を実施。
  • WACCA塾の運営:小学生1年から中学校3年のひとり親世帯の子供たちに、マンツーマンでボランティアが勉強を教える学習支援の場を運営。登録40名程度。(毎週火、水、金17:00~20:30)
  • 子供の体験活動:ひとり親世帯の親子を対象にした夏休みお泊まり合宿。親子15組程度。六甲山にある神戸自然の家で、自然の中で思い切り遊ぶ体験活動。保護者たちは日頃の忙しさから解放され、思い切りおしゃべりをする。(8月24日~25日)
  • 絵本の部屋開設:本の貸し出しや読み聞かせも行っている。小学生、中学生対象(毎週水曜日16:00~)
  • 子供たちや保護者の相談事業:子供たちの不登校や、健康、性のこと、子供との関係、子供の進学などの相談を受ける。医師や元教師のボランティアやスタッフが相談にのっている。
成果報告
  • 子供の居場所-WACCA運営事業(144回)。
  • シングルマザーと子供の広場事業(9回・124名)。
  • 調査事業:子供の置かれている現状を理解し、事業参加による心理・学習面での変化を評価し、事業の改善・新企画に資する。(1回・37名)。
  • 合同報告会の実施:NPO法人リトルワンズと合同報告会(1回・38名)。

ひとり親世帯の子供たちのための無料WACCA塾。小学校1年生から中学校3年生までの子供たちが「ねえ、先生きいて、きいて」とやってくる。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com