各地の支援団体

取組事例

(一社) はしっ子えがおサポート [和歌山県]

居場所の提供を通じて、子供の自信を支え、夢や希望を応援します。

家庭が多様化し、子供に関わりたくても関われない家庭があります。「宿題で困っても頼れる人がいない」などの不安や孤立を感じている子供がいます。
当団体は、そんな子供たちが安心して集える場を提供し、地域の皆さんとの異世代の交流を通じて共食や学習支援、体験活動を実施し、子供たちの自信を支え、子供も大人も生きいきと暮らし、支え合える地域づくりを進めます。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 子供を支援する地域力アップと子供も大人も支え合う地域づくりを目的に以下の事業を実施する。

    1 学習支援活動:
    目的:教員OBや地域ボランティアの協力を得て、小中学生を対象に少人数指導で習熟度に応じた援助を行い、分かること・学ぶ楽しさを実感できるよう努める。

    2 体験・地域交流活動:
    目的:異世代交流の場を提供し、他者への信頼や社会性を育むとともに、子供支援を通じて大人同士も支え合う関係づくりを進める。

    3 子供食堂とフードパントリー:
    目的:食を通して心安らぐ居場所をつくり、利用者が情報交換、交流、相談ができる場として活用する。

    4 にこにこ広場<「まなびば」「たんぽぽ食堂」>
    目的:「まなびば」を年間6回(2カ月に1度、第4土曜日午前中)実施し、子供たちへ読み聞かせ、算数・科学体験教室を行う。また、終了後は地域食堂を開催。年齢を問わず異世代が交流できる機会とする。

この日「まなびば」ではメビウスの輪を研究しました。参加した学生さん達も、子供たちと一緒に考えを深め合ってくれています。