各地の支援団体

取組事例

川中れんげホーム [山口県]

「子どもが学び・遊び・相談できる」機会・居場所を提供

「自分自身を大切にする心の土台づくりのサポート」「大人とコミュニケーションする会話の場」「人間関係の課題解決・適応能力を醸成するサポート」を目的として、利用者一人ひとりのニーズに合わせて、地域スタッフ・大学生スタッフとの交流により、各自が心豊かに、充実した生活ができる学習支援・生活支援・居場所作りを進めています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○貧困の定義を「大切なものが欠けていること」とし、自分自身を大切にする心の土台づくりを目的として、以下の事業を実施する。

    ・子供食堂をコミュニティハウスとしても位置付けて開催:
    小中学生を対象にして、希望者は料理スタッフと一緒に食事作りを体験し、大人とのコミュニケーションをしながら、一緒に食事をする。

    ・生活支援・学習支援:
    公民館の部屋毎に「大学生・地域スタッフと一緒に遊ぶ居場所」「大学生・教職員退職者と一緒に勉強する居場所」「大学生・地域スタッフに相談できる居場所」を設け、学び・遊び・相談できる居場所を提供する。

    子供食堂の受付で出席児童の確認・検温をしている様子です。山口県からいただいた「子ども食堂応援宣言」ののぼり旗が目印です。










    団体HP --