各地の支援団体

取組事例

一般社団法人 スタディライフ熊本[熊本県]

児童養護施設や里親から巣立つ若者の「初めの一歩」を支えたい!

自己の充実・啓発や生活向上のため、それぞれに適した手段・方法で生涯を通じて学習し、日々の生活を豊かにし、知恵のあふれる生活になるために事業を展開しています。自立支援シェアハウスIPPOでは、「家庭環境に左右されず、全ての子供たちが『当たり前』に受けるべき支援を提供する」ことをモットーに、児童養護施設退所者や里親から自立する若者に最初の1年間「住」と「食」を提供することで自立に向けたサポートを行っています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 自立支援シェアハウスIPPOでの住居と食事の提供を通じて以下のサポートを行う。
    ①生活支援:施設退所者に理解がある管理人が一緒に暮らすことで、就学・就労に関する相談や、食生活・家事・体調不良時のお世話など、日常的なサポートを提供。
    ②自立支援:入居者に合わせて自立に必要な教育を提供。
    ③経済支援:家賃を安価にすることで入居者の経済的負担を軽減。
    対象は児童養護施設退所者や里親を巣立つ若者、もしくはそれに類似する環境で育った若者で、親を頼ることのできない18歳~23歳。入居期間は原則1年だが、入居者の状況やニーズに応じて延長も可。

シェアハウスは定員3名。住み込み管理人と共同生活をする中で、自立に向け家事や金銭管理などの練習をしていきます。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com