各地の支援団体

取組事例

一般社団法人 京都わかくさねっと[京都府]

困難な状況にある少女に寄り添い、立ち直りを支援する活動

「人は人との関わり合いのなかで立ち直ることができる」という更生保護の視点から、少女たちの生きづらさに向き合い、寄り添い、ともに歩む活動です。地域のなかで少女の居場所をつくり、安心な場を提供するとともに、信頼できる大人を増やす活動です。少女が自分らしく心豊かに生きる社会の実現を目指します。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 課題を抱えており社会から孤立する恐れや犯罪非行傾向にある少女に寄り添って支援をするために、さまざまな団体とネットワークを組み、多様性を認め信じることができる居場所をつくる。
    現在4つの居場所を運営。
    ・「わかくさカフェ×hostelNINIROOM」
     少女の居場所カフェ・ワークや相談等(火曜日)、
     おひるね(個室)、食事の提供、生活支援(毎日)
    ・「わかくさカフェ×京都YWCAカルーナ」
     自立援助ホーム退所者の居場所の運営(土曜日)
     自己実現のためのスクールの提供(PC教室、ヨガ、アロマ等)
    ・「わかくさ食堂×happiness*café」
     中学生の女子を対象にしたこども食堂(9月~月2回)
    ・「亀岡わかくさハウス」(月1回)
     ひきこもりの当事者と親の支援

京都YWCAカルーナでのわかくさカフェお誕生会には、手作りのケーキと飾り付け!

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com