各地の支援団体

取組事例

NPO法人 Take-Liaison(テイク-リエゾン)[滋賀県]

だれもが元気になれるきっかけづくり、助け合える関係づくりの場を提供

子供も大人も、共にいきいきと暮らしながら、支え合える関係づくりができる場を設けます。また、生活困窮や虐待状況など、子供の養育環境にサポートを要する場合や、学校・社会との接点が希薄な状況にある場合においても、子供の健やかな発達が促され、生きるエネルギーが高まるよう、心身温まる居場所、安心して学習に取り組める場所を提供します。併せて、支援者として関わる者どうしの研修の場を作っていきます。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 1.「子ども食堂運営事業」
    目的:地域の子供と大人が顔を合わせ、食事を共にしながら
    交流することで、孤立を防ぎ、生活困窮や虐待状況の
    改善をめざす取り組みである。対象の限定は無し。
    2.「トワイライトステイ事業」
    目的:貧困や虐待などの課題を抱える家庭の子供に対し、
    行政や福祉機関と連携しながら、夕刻における衣食住
    のサポートや学習支援を行う。
    対象:生活困窮世帯の児童、要保護児童・要支援家庭の児童
    3.「学習支援事業」
    目的:社会での自立に向けた、学習面・精神面でのサポート
    対象:学校に行きづらい子供、学習環境が必要な子供

毎月心を込めて書くメッセージボードです。訪れる子供たちに、その日一番伝えたい言葉を贈ります。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com