各地の支援団体

取組事例

特定非営利活動法人 アフォール[東京都]

みんなはあなたのため、それはみんなのため。子育てを楽しもう。

現在の活動は主に2つです。ひとつめは、子供の居場所活動を兼ねた子供食堂「にしいこう子どもひろば」の運営です。学校と家庭以外の居場所をつくることで、子供のいろいろな体験とともに、地域のいろいろな大人と子供の「ナナメの関係」を作れる機会をつくりたいと思っています。もうひとつは、「みなと園のことマップ」の公開です。保育園と幼稚園の情報をウェブや冊子で広報するとともに、園活(保活のこと)を支援する講座などを提供しています。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介
  • ①運営している子供の居場所活動への大人の参加者やボランティアを確保するため、参加したくなる運営システム(定型プログラム、大人の参加者確保・スタッフ育成、効果の計測、プログラムの見直し)を開発する。
  • ②地域での子育て力を向上させる為、子育て中の保護者、地域の子育て支援の従事者、子供育成支援団体スタッフ等を対象として、子供の自立を育むペアレントトレーニング理論を用いた講座を実施する。
  • ③子供の居場所活動に参加した子供の成果を計測して見える化し、プログラムを改善するため、活動量の記録と成果計測方法(ツール)を開発する。

「にしいこう子どもひろば」(子供の居場所兼子供食堂)で、週末の宿題や遊びをした後にランチを食べます。この日は七輪遊び。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com