子供の貧困対策

貧困の連鎖を断ち切るために

子育てや貧困の問題を家庭のみの責任とするのではなく、社会全体で解決することが重要です。2014年に「子供の貧困対策の推進に関する法律」が成立して以来、政府は「教育の支援」「保護者の就労の支援」「生活の支援」「経済的な支援」を柱に、さまざまな対策を進めています。

子供の貧困対策の4つの柱

教育の支援 幼少期から高等教育まで教育費の負担を軽減
保護者の就労の支援 ひとり親などの就労、学び直しや職業訓練を支援
生活の支援 親の妊娠期から暮らしの課題・悩みを解決
経済的な支援 生活費や進学等に必要な支出を支援

(全て内閣府HP)

政策トピックス