子供の未来応援国民運動

子供の将来を閉ざさないために社会全体で解決を。

子供の未来応援国民運動とは

子供が抱えている貧困の状況は多様で、見えにくいことから、貧困にある家庭や子供へ、必要な支援を届けるためには、社会全体で取り組む必要があります。政府は、支援したい人や企業と、草の根で子どもたちを支えているNPOなどの団体を結びつけ、国や自治体が行う施策を促進させる「子供の未来応援国民運動」を2015年にスタートさせました。

国民一人ひとりの支援をつなぐ

「子供の未来応援国民運動」は、貧困に苦しんでいる子どもに対し、私たち国民一人ひとりの「何かをしたい」という想いをつなげ、行動に変えていくプロジェクトです。現在、大きく3つの活動を進めています。
1つ目は、「子供の未来応援基金」で、企業や個人から広く寄付を募る活動です。集まった寄付は、公募・審査・選定した支援団体の運営資金として提供しています。学習支援を行う団体や子供食堂、児童養護施設など、全国の支援団体に「子供の未来応援基金」が役立てられています。
2つ目は、企業とNPO等とのマッチングです。「マッチングネットワーク推進協議会」を通じて、企業とNPO等団体の支援のニーズをマッチングさせています。企業等にとっては自社のCSRやSDGs(持続可能な開発目標)に関わる取り組みとして、事業の特性に応じた協力が実現します。一方、支援団体側も、企業の協力を得て、幅広く子供の貧困対策を実施することができます。
3つ目は、「子供の未来応援フォーラム」をはじめとした広報活動です。支援の輪を広げるためには、まず子供の貧困について、国民の皆さんに広く理解してもらうことが何よりも大切です。
子供の夢が貧困によって絶たれてしまわないよう、支援の輪を広げています。

子供の未来応援国民運動で支援の輪を広げています。

みんなに知ってもらうために、ご協力下さい。

「子供の未来応援国民運動」の情報発信のため、ホームページヘの国民運動のリンクバナーの掲載や、ポスターの掲示、パンフレットの配布や募金箱の設置などにご協力下さる方を募集しています。詳細は、内閣府「子供の貧困対策推進室」までご連絡ください。

(連絡先)
内閣府子供の貧困対策推進室
電話03-6257-1438

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com