募金や寄付で支援する

その他の支援

オリエンタルランドグループ従業員食堂の寄付つきメニュー
「こどもスマイルごはん」

(株)オリエンタルランド(千葉県・浦安市)、(株)ベイフードサービス(千葉県・浦安市)

2023年9月15日 掲載


2023年8月の寄付つきメニュー 「こどもスマイルごはん」 の「鶏の照り焼きチーズソース」


株式会社オリエンタルランド(本社:千葉県・浦安市)が、今年3月よりオリエンタルランドグループの従業員食堂で、寄付つきメニュー「こどもスマイルごはん」を実施しています。

「こどもスマイルごはん」は、メインのおかずにご飯と汁物がついたセットメニューで、一食当たり500円の販売価格に30円の寄付金が含まれており、本メニューの販売を通じて集まった寄付金に、同社が同額を上乗せした合計金額を「こどもの未来応援基金」にご寄付くださるという取組です。
「こどもスマイルごはん」は、施設内にある8か所の従業員向け食堂で毎月2日間実施され、今年の3月から7月末までの間で累計13,000食以上提供されています。

オリエンタルランドグループは、持続可能な社会への貢献のために重点的に取り組むマテリアリティのひとつとして「子どものハピネス」を設定し、未来をひらく子どもたちを育む・支える取り組みを実施・継続されています。その一環で、従業員の皆様が気軽に参加できる活動として「こどもスマイルごはん」を企画し、メニュー開発は食堂を運営する株式会社ベイフードサービス(本社:千葉県・浦安市)が行っています。こうした取り組みはもともと東日本大震災をきっかけとして始まり、10年以上にわたって被災地支援を実施していました。その実績があるため、寄付つきメニューは従業員に広く定着しているそうです。

「『こどもスマイルごはん』のメニューは、子どもが喜びそうな、ちょっと豪華なメニューを意識しています。食事を提供している側として、子どもたちを育む・支える活動に貢献できることはうれしいです。」((株)ベイフードサービス企画開発部企画開発グループ 赤司佳奈美氏)
実際に「こどもスマイルごはん」を選んだ利用者からは、「おいしそうだったので目をとめ、寄付つきということにも後から気がつきましたが、この金額で会社も寄付金を上乗せしてくれるのであれば、かえってお得な気持ちにもなります。」という声が聞かれました。
「今後も『こどもスマイルごはん』は継続していく予定です。オリエンタルランドグループの社会貢献活動方針に基づき、今後も様々な子どもたちを育む・支える社会貢献活動を実施していきます。」((株)オリエンタルランド社会活動推進部 大江沙知子氏)

従業員の皆様がリラックスできる雰囲気の食堂
「こどもスマイルごはん」のPOPとサンプル