子供の未来応援基金とは

子供の未来応援基金は、子供の貧困対策を進めるための官民連携プロジェクトのひとつとして、2015年に創設されました。企業や個人の皆さまから広く寄付を募り、草の根で子供たちへの支援を行う団体の活動を支えることで、多くの方々の「子供たちに何かしたい」という気持ちをつないでいます。

子供の未来応援基金のしくみ

ご寄付のお願い

子供の未来応援基金は、皆さまからのご寄付で成り立っています。将来、社会の担い手となる子供たちの未来を応援することは、我が国の「未来への投資」にほかなりません。子供の明るい未来の実現のため、皆さまのご協力をお願いいたします。

天皇陛下御即位に際しての賜金について

天皇陛下御即位に際し、天皇陛下から子供の未来応援基金へ、未来を担う子供たちの貧困問題に関する事業の資として金5千万円が賜与されました。(令和2年(2020年4月28日))

基金の使いみち

皆さまからいただいたご寄付は、その全額を、子供の未来応援基金事業を通じて、草の根で子供に寄り添って支援活動を行う民間団体の支援にあてています。

第4回(2020年度)支援先団体の主な活動分野(97団体、支援額約1億2,900万円)

  • コロナ対応緊急支援(2020年7月~2021年3月)20団体 採択団体
  • 第4回支援(2020年4月~2021年3月)97団体 採択団体
  • 第3回支援(2019年4月~2020年3月)71団体 事業報告書
  • 第2回支援(2018年4月~2019年3月)79団体 事業報告書
  • 第1回支援(2016年10月~2017年9月)86団体 事業報告書