各地の支援団体

取組事例

NPOボラギャング [北海道]

「子供に優しいまちづくり」を目指し、子供・親子の食と居場所を構築

・子供食堂・フードパントリー・学習支援・子育てサロン・子供や親子の居場所、ワークショップを定期的に開催しています。
近隣小中学校の協力を得て、不登校や生活にお困りの世帯の支援を行っています。
・毎月40世帯への食材配布、月2回の生理用品配布は、手渡しにより子供や子育て世代とのコミュニケーションを大切にしています。
・おやつや本を活動場所に置き、いつでも気楽に子供が利用できるよう配慮しています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ・「子供食堂の開催」町内会の会館を使い、地域の子育て世代を中心に子供食堂での配食・フードパントリーを行う。
    コロナ禍によるパート・アルバイトの減給・解雇により困窮する世帯には、フードパントリーの利用促進や相談機関の紹介を行う。

    ・朝の子供食堂として、アパートの一室で登校前の子供に朝ごはんを提供する。不登校の子供には、おやつや本を備えた居場所を提供する。

    ・食を通して、子育て世代が社会との接点を見出せるよう、居場所づくりや祭り・イベントで、地域と子育て世代をつなげる活動を行う。

    子供食堂の後に「お菓子」を貰う小学生たち。夜に友だちに会うのも楽しみのひとつ。