各地の支援団体

取組事例

NPO法人サンカクシャ [東京都]

子供若者が孤立しない社会の実現

学校や社会に馴染めない15~25歳頃の若者が孤立せず、自立に向かえるよう、社会サンカクを応援しています。 主な活動としては、若者が素を出すことができ、安心できる人と出会える若者の居場所「サンカクハウス」の運営と、若者が楽しく多様な大人と交流できる企業と連携した「ブカツ」や、多様な社会体験を重ねるための「バイト」の機会提供などの「社会サンカク」を応援する機会を作り出し、若者の自立をサポートしています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 公的支援も地域の支援も不足している15~25歳くらいの孤立しやすい傾向にある子供若者に対して、居場所を運営しつつ、学習、進路、就職といった若者の自立に必要な支援を提供する。
    1.1対1の包括的伴走支援
     行政や地域の支援者と連携し、義務教育終了後も継続して関わり、自立にむかえるよう伴走支援を実施する。 1人ずつ個別に関係構築を行い、したいこと、興味があることを中心に伴走する。必要に応じて地域や企業と連携する。
    2.若者の居場所作り
     定期的に居場所を開放する。安心できる居心地の良い空間と、中間的就労支援を提供する。対面での活動だけではなく、パソコンの貸し出しなどを行い、オンラインでも同様の支援を実施する。
    3.伴走支援者の人材育成研修
     伴走支援者育成の集合研修を実施する。若者の自立のイメージや伴走支援者に必要なマインドセットとスキルの向上、支援者としての内省の機会を提供する。また定期的にケース会議を行う。

居場所では感染対策に留意して、若者と職員が食事をしたりゲームをしたりして過ごします。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com