各地の支援団体

取組事例

NPO法人 まちのかぜ [神奈川県]

「教育・子育て支援・フードロス削減」を通じた居場所づくり

子供たちや保護者の居場所作りとして「子ども食堂」を作り、開催をしています。また、SDGsのフードロス削減の取り組みとして、お店や畑などの余剰食材を利用してお弁当を無料配布しています。教育事業部としては、無料オンライン学習支援を行い、教育を平等に受けられる機会を作り、子供たちに、様々な人の話を聞く機会をオンラインで作ったり、自然体験学習活動などをしたりしています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○子育て支援と余剰食材の利用を目的として、以下の事業を実地する。
    ・食のサポート:
     目的:子供たちに栄養を考えたお弁当を提供する。
       余剰食材を利用し、ロス食品を削減する。

子供たちが毎回楽しみにしているお弁当を受け取りにきているところです。事前予約制なので、保護者からの相談にものっています。