各地の支援団体

取組事例

小幡緑地冒険遊び場の会 [愛知県]

人と人がつながる屋外と屋内の居場所づくり

「自分の子供が幸せに育つにはまわりの子供も幸せであってほしい」という思いから、屋外の居場所「冒険遊び場」、屋内の居場所「つなしょ」を運営しています。また「食べ物おすそ分けの会」や、「つな食堂」など、生活困窮者や留学生、子育て世帯を対象に、食で生活を支える取り組みをしています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ・“子供の未来”を育むことを目的として以下の事業を実施する。

    ・放課後の居場所づくり
     目的:第三の居場所を作ること。
        子供たちを育てる親が安心して成長できる街づくり。
        緊急時に、SOSを出せる場と相談支援の関係づくり。

    ・対象:子供や、子供を支える大人たち

屋内の居場所「つなしょ」には、人と人がつながる場所という意味があります。子供だけでなく、さまざまな人が「第3の居場所」として自由に過ごしています。