各地の支援団体

取組事例

ボランティアグループ「たんぽぽ」 [滋賀県]

「子供の夜の居場所」。地域と多職種連携で、家庭的な団らんや育みの機会を提供

障害・高齢者施設の一角「キッズスペース」(毎週水曜夜)は、日頃のヤングケアラーからの脱却の場です。子供が思い切り甘えられ、お腹いっぱい夕食を取れるほか、地域ボランティアも子供の笑顔に生きがい感じられる「共に生きる」を支え合えます。別の場所では、外国にルーツのある子供の夜の居場所の体制整備も推進します。地域や民間、行政、「公・官・民・志」総がかりで、子供の笑顔を「光」にしています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○家庭でも学校でもない地域の「居場所」で、“生き抜く力“を育む
    ・だんらん(食・遊び・入浴)をサポート:
    目的:困窮家庭で補えない関りを、ボランティアが一対一対応することで、人への安心信頼感を獲得しながら、生活力を養い、確かな“生き抜く力”を育む
    ・「つながりの貧困」をサポート:
    目的:家庭、教育以外の大人(多様な地域、多職種の福祉職)との関りの中から、共生社会のあり方を体験。 

    障害者の憩いの場所を、夜には子供たちのための場所として提供。ヤングケアラーの子供の育みを地域力で支える。