各地の支援団体

取組事例

ココまな [大阪府]

子供たちの「学びたい」を大切に。子供たちがありのまま過ごせる居場所を。

ココまなでは、学校に行きづらくなっている子が通える昼間の居場所づくりや、経済的理由で学習塾へ通えない子供たちを対象にした無料学習支援などを行っています。また、「岸和田で不登校について考える会」という地域の中で不登校について考え、フリースクール設立の目標を掲げて活動する会の運営も行っており、不登校や多様な教育の場に関する勉強会等も開催しています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ココまなで行われている<スクールタイムコース>(昼間の居場所づくり)と<スタディハウス>(無料学習支援教室)は子供の未来応援基金の支援を受けて実施する事業である。事業の目的としては、どちらも子供たちの未来を守るために行われる。
    <それぞれの対象者>
    スクールタイムコース:学校に行きづらくなっている子供
    スタディハウス:経済的理由で学習塾へ通えない子供

ココまなは、普通の一軒家を利用しており、アットホーム感を大事に、子供たちが安心して学べる環境づくりに取り組んでいます。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com