各地の支援団体

取組事例

東深井つどいば食堂ふらっと [大阪府]

子供から大人まで地域の中で顔が見える関係性を築き、孤立化を防ぐ

・ひとり親世帯を含む子育て親子向けに、お弁当配布や食材配布をしています。疾病などで会場に来られない世帯には、食材を配達しています。
・未就学児童から小学生、中学生を対象とした、子供の遊び場作りやワークショップなどを開催しています。
・学習支援として、塾の講師などに来てもらい、定期的に学べる場として自習室や学習指導を開催しています。
・気軽に相談できる地域の相談窓口として、個別相談を受けています。相談内容によっては専門機関(区役所の子育て支援課や社会福祉協議会など)と連携して繋げています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○事業名:
    ・子供の学習支援/地域の集い場作りと子育て親子の地域相談窓口
    ○目的:
    ・子供たちが安心して過ごせる場所を作る。
    ・自宅学習が困難で、通塾が難しい子供たちの学習意欲を高める。
    ・「ふらっと」を拠点としたコミュニティを作り、地域の人との信頼関係を構築すする。それにより地域のひとり親子育て世帯や高齢者と顔の見える関係となり、相互の見守りや孤立化を防ぐことへと繋げていく。
    ・子育て世帯が気軽に足を運んでもらい、相談できる環境をつくることで、孤立化を防ぐ。
    ・コロナ禍で孤立が進み、困りごとや子供の不登校に関する相談が増加しているので、各世帯に適した支援の形を一緒に考え、必要時には専門家とともにサポートを行う。
    ○対象者:
    ・地域の子供、子育て世帯、高齢者

    毎週金曜日開催の「放課後ふらっと」(子供の学び場・遊び場)、月1回開催の「遊び場ふらっと」、夜間開催の「学習ふらっと」の様子。