各地の支援団体

取組事例

NPO法人 アートコミュニティ[大阪府]

アートを通して「企画力・思いやり・志」を育む活動

貧困の子供・不登校の子供への居場所の提供を目的として活動をしています。アートを通して、イメージ力を高め、グループでどのように作品を制作するかなどを考えることにより、他の人の考えを知り協調したり、意見を交換することを通して、思いやりや企画力をつける「子ども夢基金事業」など、様々な年齢の人たちと交わり作業する中で、一定の学力・考える力をつけ、子供たちの未来への可能性を引き出す事業を実施しています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 貧困の子供・不登校の子供の居場所「ヒーロー研究室」:河内長野市1拠点で不登校の子供などを対象として実施。(週4日×4週×12ヶ月)
    (1)画材や本を揃え、いつでもアートや読書に触れ、指導者によるアートの実技を体験し、心の癒しや鬱屈を発散する。
    (2)一定の学力を得るため、学生ボランティアなどによる勉強・宿題の指導を行う。
    (3)個々の子供の個性を高めるため、ヒーロー研究室ブースを作る。
  • カフェサロンdeセミナー:河内長野市1拠点で子供や学生、一般の方を対象に、いろんな業種のプロを招き、講義を実施。(年10回)
  • 子どものちからお絵かき教室:河内長野市1拠点で子供を対象としてお絵かきや物作り講座を実施。(年20回)
  • 小さなギャラリー:出来上がった子供の作品や一般の方々の作品を展示するとともに、今日のヒーローを発表。
成果報告
  • 貧困の子供・不登校の子供の居場所事業(約290日・5,272名)。
  • 手の離せない幼児を抱えたママの会(MAMA×MAMAクラブ)(4回・42名)。
  • 小さなギャラリー(3~400名)。
  • 夏休み、冬休みに講師を招きアートに特化したイベント開催(98名)。
  • 春休みイベントとして、カラー段ボールでタワーを作るワークショップやカバン作りを実施(各回15名)。

ヒーロー研究室で豊かな時間を過ごす子供たち。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com