各地の支援団体

取組事例

認定NPO法人 東灘地域助け合いネットワーク [兵庫県]

子供から高齢者までの住民同士の助け合いで住みよい地域を作る

誰もが安心して暮らし続けられるまちづくりを目指し、子供から高齢者までの地域住民に対し、地域福祉に関する以下の事業で、地域の発展と福祉に寄与しています。

・居場所事業:「大人・子どものカルチャー教室」、学習支援教室、「わいわい広場」、「子ども食堂」等
・生活支援事業:暮らしの困りごとを住民互助で支援する
・居住支援事業:住まい探しにお困りの方への相談窓口
・放課後デイサービス「ひまわり畑」(小1~高3まで)
・介護予防サロン:地域拠点型一般介護予防事業
・リサイクルショップ:ご寄付の品物を販売し福祉活動に活用

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○互助・共助・公助でつながる子供相談窓口設置を目的として、以下の事業を実施する。

    ・子供の貧困問題を啓発し、理解を深めるため、地域住民を対象に、講演会を実施する。
    ・相談への個別対応のため、子供相談窓口を設置する。
    ・連携団体・専門職と協力関係を作り、共に課題解決にあたるため、定期的に勉強会を実施する。

毎週月曜の放課後に無料で行っている、小学生の学習支援教室「しゅくだいプラス」の風景。