各地の支援団体

取組事例

特例認定NPO法人 兵庫子ども支援団体

「総合的な生きる力」を育むために学習・体験機会を提供

地域の小学生から高校生までの児童・生徒に対して、個々に合わせた学習のサポートを行います。また、小・中学生に対しては、テキスト学習だけでなくグループワークや施設見学や宿泊を含む自然体験等の活動に取り組むことで、コミュニケーション能力や思考力などこれからの社会を生き抜くために必要な「総合的な生きる力」を育みます。また、高校生(相当年齢)の子供に対しては、学習に加えて進学・就職の相談やサポートに取り組むことで、卒業後の進路をともに考えていきます。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ・学習支援「かがやき」
    小学4年生から中学3年生までの児童・生徒を対象に、学校進度や個々に応じた学習支援や異年齢交流を軸としたグループワーク、施設見学や自然体験活動などを提供することで、これからの社会を生き抜くための力を育む。
    ・学習支援「ハイスペース」
     高校1年生から高校3年生(相当年齢)までの生徒に対して学習支援や高卒認定試験のためのサポート、進路・就職指導(支援)を行う。
    ・研修会の実施
     学習支援等に関わるスタッフを対象に、子どもたちの背景及び支援方法を知るための研修会を実施する。

学習支援「かがやき」で個別の学習支援をしている様子

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com