各地の支援団体

取組事例

NPO法人フードバンク和歌山 [和歌山県]

貧困問題並びに食品ロス問題の解消に寄与する活動を実施する。

企業や個人、フードドライブ活動で寄贈をしていただいた食品等を、県内の生活困窮世帯並びにその方々を支援する非営利活動団体や社会福祉施設に配布するフードバンク活動を行っています。また、こども食堂を毎週土曜日と毎月第2・4日曜日、学校長期休暇期間に、子供は無料で大人は1回300円で開催しています。毎週土曜日にひとり親世帯に対して、ご家庭の人数に応じた食品を配布するフードパントリーを実施します。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 県内の子供達の貧困問題を解消させることを目的に、県内の生活困窮世帯(子供がいる世帯を中心)や団体(母子生活支援団体、フードパントリー団体、こども食堂団体、児童養護施設等)に食品を定期的に配布するフードバンク活動を実施する。また、活動拠点の地域において、毎週土曜日や毎月第2・4日曜日、学校長期休暇中の平日(祝日含む)にこども食堂(コロナ禍等の不測の事態が生じた場合は弁当の配布)を実施し、さらに、活動拠点の地域において、新たに毎週土曜日にひとり親世帯に対して、ご家庭の人数に応じた1日分の食品を配布するフードパントリーを実施することによって、子供達の光輝く未来のために、地域と共に持続可能な復興を支援する事業である。

寄贈いただいた食品を配布するフードバンク活動の写真

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com