各地の支援団体

取組事例

こども食堂かもだ実行委員会 [高知県]

子供たちの健全な成長のために豊かな食事の提供や子育て支援活動をする

2016年12月から2020年3月の間、「こども食堂かもだ」や「こども食堂しばてんハウス」を、延べ70回開催し、約6000人が利用しました。2020年8月からは、「子供を養育する生活困難家庭に見守りを兼ねた食品支援」を鴨田地域に限定し、毎月1回食品を届けています。高知市社協やスクールソーシャルワーカー・保健師と情報を共有し、家庭が孤立しないように努めています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○子供を養育する生活困難家庭に見守りを兼ねた食品支援活動
    目的:
    子供たちが健全に成長できる環境つくりのために豊かな食事を提供すること
    対象者:
    経済的困難家庭、ひとり親家庭、保護者が病気・障害などの家庭、子供が不登校やひきこもりなどの家庭(2022年6月現在、30世帯150名)。

寄贈や購入の食品を家族人数に合わせて袋詰めをしています