各地の支援団体

取組事例

地域密着型憩い場おあしす [長崎県]

島原の子供たちを多世代との地域交流の中で見守り、居場所提供する事業

孤立した時間を過ごす子供たちに居場所を提供すること、地域に住む多世代の方々が有意義に楽しく生活できるように憩いの場を提供することを目的とし、日常生活を送る上で必要な経験(調理、掃除など)や、地域のボランティアの得意分野を生かした体験(料理、書道、手芸など)を行うなど、自分の好きな事をじっくり楽しめる環境を提供します。個々が選択して居場所を見つけ、地域との関わりの中で、のびのびと成長できるように援助します。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • 少子化が加速している島原で、子供が家庭環境に関係なく、地域交流を通じて健やかに成長し、地域が活性化することを目的とし事業を実施する。
    ・対象者は小学生を中心とする地域の方々
    ・好きなことをしてくつろげる居場所の提供
    ・地域交流を通じた活動の開催
     地元の方々とのクッキング
     子供たちが主催する縁日で販売・職業体験
     宿題や自学の学習支援
     河川敷や児童公園の清掃活動
     寄付された食品や日用品を無償で提供するリユース市  
     母親対象講習会

地域交流行事の一つとして、ハロウィンで仮装した子供達が地域を練り歩き、近所の方々とのふれあいを楽しみました。