各地の支援団体

取組事例

NPO法人ターミナル学習室 [長崎県](※)

「子供の貧困の連鎖を防ぐのは、教育である」という理念

当方では、「教科書を中心とした予習・復習」をモットーに、①学校で教わる次時の学習内容の予習、②学校で教わった学習内容の復習(テストやドリル、プリント等の誤った個所の定着)、を実施しています。活動日時は平日16:00~18:00、土・日・祝祭日・長期休業日10:00~17:00です。また、家庭訪問による学習支援も実施し、理念を実現します。
 ※.旧団体名「バスターミナル学習室」。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ○就学援助児童・生徒向け支援 
     ・教科書を中心とした予習・復習
     ・読解力問題集(国語・算数) 
     ・家庭訪問による学習支援も実施
    ○ネット・ゲーム依存の児童・生徒向け合宿(3泊4日)
     ・国立諫早青少年自然の家
    ○保護者向け教育相談
     ・FMいさはや(毎週月曜日、出勤する保護者様の時間帯に合わせて)
    ○学習下敷きの配布
     ・諫早市内の小学生

学校での学び残しは、ボランティア先生が、「わかるまで、できるまで」子供たちに向き合います。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com