各地の支援団体

取組事例

NPO法人 ブリッジフォースマイル [熊本県] ※団体所在地は東京都

児童養護施設から社会に巣立つ子供たちを「見守る大人」として支える

児童養護施設や里親家庭等で生活する中高生、卒業した若者向けにキャリアやコミュニケーション、お金など自立に関するセミナーや就労・生活の個別相談、職業体験プログラムの実施をしています。また、地域でボランティアを募集・育成し、若者が社会に巣立つ前から巣立った後まで継続的に関わってもらうことで、若者の孤立を防ぎ、自立していくことができるような活動をしています。加えて施設職員や里親の皆様向けにアフターケアに関する研修も実施しています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ・スタッフ確保・育成:熊本県の事業の中心となって協力してくれる現地スタッフの採用。
    ・ボランティア確保・育成:熊本県で一緒に若者支援をしてくれるボランティアの確保、育成。
    ・告知・利用促進:熊本県の児童福祉施設、児童相談所の職員、施設入所中の中高生を対象に、ニーズのヒアリング、活動説明。
    ・児童養護施設等入所児童向けセミナー:キャリア教育・ソーシャルスキルトレーニングに関するセミナーや、一人暮らしの準備を行うセミナーの開催。
    ・支援者向け研修:児童養護施設職員、里親向けにリービングケア、アフターケアに関する研修の実施。
    ・職業体験プログラム:熊本県内の協力企業の確保、職業体験プログラムの実施。
成果報告
  • ・児童養護施設から社会に巣立つ子供たちを支援するための人材の確保・育成:ボランティア説明会(6回、16名登録)、ボランティア研修(5回、10名参加)
    ・施設等への告知、利用促進:(児童養護施設長12名、児童心理治療施設長1名、各施設の担当者の方々12名)
    ・児童養護施設等の児童向けセミナー、職員向けセミナーの実施:児童向けセミナー(9回、206名)、職員向けセミナー(3回、64名)

調理実習もただ料理の練習をするだけではなく、スーパーで食材を探してお買い物をするところから体験してもらいます。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com