各地の支援団体

取組事例

(一社)こどもキッチンブルービー [熊本県]

支えあいを大切に、地域の子供を守り育てる

小さな子供から高齢者までの様々な年齢・生活環境の方を地域の中で繋げる多世代交流や、孤食の予防、心の貧困対策として、こども・地域食堂を実施しています。その食堂では、子供たちの生きる力をつける食育として、野外活動(野菜収穫体験、野外ご飯会)も年に数回実施しています。また、日常生活に困難を抱える子供と家族の支援として、食の提供や関係各所に繋げる相談支援を行っています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ・子ども・地域食堂の開催
    目的:孤食と親の負担の軽減、子供たちの食への関心と自活力やコミュニケーション能力を高める機会をつくりサポートする
    ・生活支援活動
    目的:困窮家庭、ひとり親家庭の生活の負担が軽減するよう、個別にフードパントリーを実施し食をサポートする
    ・野外活動、農作業体験
    目的:自ら野菜を作り収穫することで、食べ物を生み出すことの大変さや有難みを感じてもらい、食への関心を高める
    ・実習の受け入れ
    目的:高校生や大学生のボランティアを受け入れ、こども食堂の在り方や、必要性を学んでもらい、次世代の担い手を育てる

コロナ禍での活動は、制限を強いられましたが注意と工夫をし、開催を継続しています。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com