各地の支援団体

取組事例

(一社)熊本私学教育支援事業団 [熊本県]

増加する不登校・ひきこもりの子供たちの学習支援・食育支援・居場所支援

今回の新型コロナウィルスの影響で、家庭にひきこもる子供たちが急増しています。学習支援センターでは、家庭への直接訪問し、教育相談に応じたり、オンラインでの学習支援・家庭教師も行っています。また、日常の食育に困窮しているひとり親家庭への食育支援・生活支援も行っています。これらの支援活動を通して、地域の人たちと繋がり合い、共に豊かな社会づくりに貢献していきたいと考えています。

子供の未来応援基金の
支援による活動紹介
  • ①熊本市内に5教室・市街に1教室を運営しているが、急増する不登校・ひきこもりの子供たちのためにも、今後、10教室を目指し、学習支援の輪を広げる。
    ②オンライン授業を充実させ、各家庭との繋がりを強めていく。
    ③子ども食堂を通して、食育の大切さを子供たちに知らせる。
    ④小学生・中学生・高校生・通信制・定時制の子供たちの学習支援・食育支援・生活支援を通して、子供たちが安心した居場所を作っていきます。

アメリカに在住している日本人とオンラインの英会話の授業を受けている風景です。とても楽しく、子供たちも授業を受けています。

Illustrations Dick Bruna
© copyright Mercis bv,1953-  
www.miffy.com